Rubyちゃんこんにちわ

子育てエンジニアが綴る

Rails勉強会@東京第74回に参加してきた

参加してきました。やったことは以下です。

  • 最近のRails動向確認
  • ActiveRecord周りのソースリーディング

最近のRails動向確認

rails3 および rails4 の CHANGELOG を確認した。ところどころ意味の分からないところは、飛ばしつつ何とかついていきました。
rails3については、脆弱性問題が修正されているので、なるべく最新版使った方がいいんだなというイメージ。
rails4については、ActiveResourceがなくなることと、ActiveRecord のメソッドに deprecated となるものが多かったイメージ。

ActiveRecord周りのソースリーディング

where から SQL の組み立て

大体の流れは以下の通り。

  • where では単に条件を積み重ねた配列を作っていく
  • 条件から AREL オブジェクトを作り、さらに SQL 文にするのは実際に読み込む部分(ex:to_a)

AREL で遅延してSQL発行する部分って、この辺りっぽい。

has_many で何が行われるか

こっちは着いて行くのが結構いっぱいいっぱい。おぼろげに理解できたので、少しだけ Rails に詳しくなれた。

  • has_many から Builder を作って、関連を作る
  • accessor を動的に追加している部分
  • has_one と共通の部分は共通クラスが存在していたりキレイに作られているっぽかった

気づき

Mac の開発環境周りが気になっていたので、@takkanm さんが映していた開発環境が気になりました。 すぐに導入したいなと思ったのは以下3つです。

  • zsh
  • screen
  • git grep

screen はコピーモードがすぐにでも使いたい機能で、git grep もプロジェクト検索で重宝しそう。
zsh とかは前から気にしていたのに、まだ導入していなかった。。。
ということで早速導入してみましたが、なぜ今までやっていなかったのか悔やまれるくらい楽ですね。
zsh のプロンプトカスタマイズは、%ばかりで発狂しそうになったのは内緒です。

Rails 関係なくなっちゃいますが、個人的には開発環境周りがとても勉強になりました。参加して非常に良かった。