Rubyちゃんこんにちわ

子育てエンジニアが綴る

CodeSprint Japanに参加してみた

CodeSprint Japan が15時から20時までの5時間行われた。自分が参加したのは半分の2時間半くらい。
Haskell がなさそうだったので、Rubyで参戦してみた。
と思っていたら、Haskell ありました(ーー;
個人的にはかなり難しく、結果は11点で64位。改めて競技プログラミング界のレベルの高さを知りました。

自分の解答状況ですが、2問ソース提出し、両方とも Time limit exceeded で全問解けずでした。Ruby の場合は他の言語より緩めで、16秒の時間制限なのですが、それでも全然足りませんでした。
時間足りていないということは、アルゴリズムの工夫がされていないということで、他の方の解答を参考に何が良くなかったか理解したいのですが、そこは公開されていないようです。

匿名とかでもいいので、他の人のコードが見れると嬉しい。この点は AtCoder がいい感じです。
あるいはテストケースを全て公開してほしいですね。そうすれば、手元でこれが遅いのかって測定できるので。

ちなみに嫌いな数値の解答コードは以下。これで全6問中の3問がタイムオーバー。

Twitter 見ると英語版の過去問題が存在するなどの話がチラホラ。自分の場合は知ってても結果は大して変わらないだろうけど。